まさかの休館

今日も慣らし

何だか、以前より力づよくなったような感じがします。SRX。
特に、トツプギアでの力強い加速など、シングルらしくパルス感出して加速します。

DP3M1037.jpg 

いつの間にか、誰かが水飲みポイントを作ったね。
ここは前から、水がだらだら流れ落ちているところでした。

DP3M1039.jpg 

凝ってるね。作成者のこだわりを感じます。(しかも金色)
味はわからなかった、お昼に担々麺食べて、味覚が麻痺してたからね。

DCIM0008_20170218170943161.jpg 

寒い中走って。ここは、岐阜県の昭和村。

DCIM0009_20170218170944f22.jpg 

なんとお風呂休館中!
再開は夏ごろとのこと...

何とも言えない脱力感。


キコリ

切れ味抜群!
バイクでホームセンターに行き、チップソーの刃を買ってきた。

DCIM0005-001.jpg 

新旧比較

DCIM0006_201702121512023ae.jpg 

アップで写真撮ればよかった。古いのはダメダメです。
切れないと、無駄な電気を消費します。

DCIM0007_20170212151202887.jpg 

バンバン切れます。
少しずつ、ストックが減ってきましたね。

次は、チェーンソーのチェーンを交換予定。
薪ストーブは、灯油や電気を使いませんが、結構 準備にお金がかかってるような....
感じですね。

風が冷たい!

本日も慣らし走行です

DCIM0005_2017021215113617b.jpg 

ちょうどトリップメータが123.4km 次回オイル交換は41,000kmちょっと、フィルター交換なし。ここに書いておかないと忘れてしまいます。

DP3M1034.jpg 

メーターバイザーは、ほんの少し風当たりを避けるのに効果あります。(高速は効果大です)
ナックルガードはよくわかりません、どちらかというとこけた時にタンクを守ってくれますし、草や木から手を守ってくれます。

DP3M1036.jpg  セトタワー

風が冷たくて、早々に 帰宅

松本零士の懐かしいマンガ

ザ・コクピット シリーズ
少年から青年時代に読んだ記憶があります。というか単行本持ってた。
偶然、YouTubeで見つけてしまった。みんな、物悲しい話ばかりです。

音速雷撃隊



固体ロケットエンジン付き 桜花の話
開発者(複数)はその後、自殺したり、新幹線を設計したり いろいろあるようです。

成層圏気流



ドイツの原子爆弾の話

603013669.jpg 

スタンレーの魔女

h10.jpg 

オーエン・スタンレー山脈 標高4500mクラス パプアニューギニアのジャングルの上にそそり立つ
 山脈で延長600km「スタンレーの魔女」に、片肺の一式陸攻で挑んだ物語

senjou_stanley_ebook_r.jpg 
ファントム・F・ハーロックが出ます
スタンレー山脈の稜線が女性の横顔に見える部分があって、「スタンレーの魔女」と呼ばれていたとのこと。どうやらこの話、本当にあった話を元に作られたらしい。

今日は、懐かしくて、悲しい物語を思い出したのだ。



tag : まんが/マンガ

復活SRX

お久しぶりだね

DP3M1031.jpg 

慣らしが必要なので、まったりと近場を走りました。
ピストンスリーブ制作、中古ピストンと新品ピストンリング となりました。
ヘッド周りは、問題なし。
中古エンジンをヤクオフで購入が一番安い直し方ですが、当たりもありますが、外れもありますので、この方法を選択。

いろいろ原因を探ってもらいましたが、機構的な問題点があると言ってました。
初代SRXは問題ないのですが3VNからオイルラインが変わっています。

ふと車検証見たら、初期登録が平成2年でした。3VNの初期ロットでしょうかね、今年平成29年なので、概ね27年前のバイクですね。

DP3M1032.jpg 

オイル交換時は、エア噛み注意しますが、エンジンかけたまま倒した時も、要確認です。
一応、いつも、エアポンプをもって走ろうと思います。

DP3M1029.jpg 

アーチェリー場があります。


長谷川町子さん 捕まる

憲兵に捕まった話

IMG_20170202_074208.jpg  昔の話

サザエさんを描いた長谷川町子さん、スケッチして憲兵に捕まってます。身元保証人が無いと釈放されなかったようです。
このエピソードが「この世界の片隅に」で使われてます。
マンガの参考資料に資料名が載ってました。

tukamaru.png 

すずさんも、港と戦艦をスケッチして捕まりました。
すずさんは、頭のお団子の中にちびた鉛筆を隠せるんです。

いろいろな資料から、当時起きたことを参考に作品は作られています。
「この世界の片隅に」の多くのエピソードは、本当に起きたことをベースに作られているので、リアルさがハンパないですよ。
どうやら、いろんな映画賞をとってるようです。


キャバレーの話

108円で買った本

DCIM0005_20170201231230218.jpg  古本

ナカナカ面白い。アニメージュ創刊、ジブリ設立など イロイロ

千と千尋は、キャバレーの話からアイディアを出したとのこと。

お金の為にキャバレーで働く事になった女の子
接客が初めてで、コミュニケーションの勉強から始めた、源氏名が付けられるのは、千尋の話。
コミュニケーションが下手なお客もいて、それがカオナシ。

はやすぎた ファンタジー

バイストン・ウェルの物語を、覚えている者は幸せである。

私達はその記憶を記されて、この地上に生まれてきたにも関わらず、思い出すことのできない性を持たされたから。それ故に、ミ・フェラリオの語る次の物語を伝えよう...
という前置きから始まる物語。

bsw1.jpg 

主人公は、モトクロスに熱中していた青年。愛車 ホンダGL1000ゴールドウィング
走行中、突如オーラ・ロードが開き、ゴールドウイング付きで、バイストン・ウェルへ召喚

かつて私の勤めていた会社がスポンサーになってTV放映していたので、記憶しています。
1983年 「ディズニーランド」開園、XLX250R購入時と同じ年です。

9bb707e2e8314e16707878ce10cfdb5325756e75.jpg 

放映当時の日本では、まだファンタジー的世界観が一般には浸透していなかったため、この世界観の試みは視聴者になかなか受け容れられなかったんです。
今なら、事情は変わってたかもしれませんね。

また、当時の造形技術では複雑な曲線で構成されたオーラバトラーは玩具化・プラモデル化が難しく、昆虫をモチーフにしたデザイン自体も子供には怖がられた。

売り上げ不振などで、メインスポンサーであるクローバーが倒産。急遽、本作のプラモデルを販売していたバンダイがメインスポンサーに繰り上げして、新スポンサーにトミー(後のタカラトミー)を迎えて、玩具販売を請け負ってもらうことで、辛うじて打ち切りを回避。

dunbine_02.jpg  30年前は作れなかった

今でも、細々とマニアがいる模様です。(製作者にとってはうれしいことですね)
ウィキによると「バイストン・ウェル」は「by stone well」であり、これは「異世界に繋がる井戸」とか「近くの石の井戸」(「物語を汲む」、「中に何かがいるかもしれない」の意図もある)とのこと。

 ローコスト エンディング

まあ、ロボットものアニメはスポンサーの意向や、製作者の考え、イメージ、世界観と折り合いを付けなくてはいけないので、難易度高く今は ほぼ消滅しています。
誰かがブログに残しておくだけです。

慎重にね

チョット山行くと雪残ってます

DCIM0005_20170125173220f5b.jpg 

この頃、乗ってないので、エンジンかけて近場を走りました。
寒いので、途中のコンビニでホットココア飲んですぐ帰宅。

IMG_1960.jpg 

走る前に、プチメンテしました。
空気圧確認して、エア追加、オイルも少し減ってたので追加
チェーンの張り OK、ブレーキの遊びも OK
エキパイのさび、適当に落として、シャーシーブラック吹き付け。

この頃、オイル漏れていないにもかかわらず、減るようになってしまった。だいぶ走っているので、すり減っているんでしょう。
これから気を付けます。そうSRXも、減ってた模様です。

はてさて、困ったねぇ

良く壊れるねぇ 307

バキバキ音がして、ミッションがD(ドライブ)に入りません。強引に入れると入ります。

IMG_1939.jpg  なんか隙間ができてます。

近場のホームセンターで、こいつを購入。普通の+ねじにしてほしいね。いたずらや盗難の関係ですかね?

IMG_1938.jpg  2000円でした

IMG_1940.jpg  はずして

IMG_1941.jpg  もう一つ外して

IMG_1943.jpg  ご対面

ミッションのリンクの部分にゴミが入らないようにする樹脂のカバーが、スライドして、ガイドに沿って下に入り込むようですが、ここで引っかかって、ミッションのレバーが動かない状態になっていました。
なんでこんなことになったのか?と言いますと、、、

IMG_1957.jpg 

カバーが切れたんですね。
下の奥のほうに、きれたカバーが落ちてましたので、拾い上げました(これもなかなか取れなかった)
見事に切れています。表はつるつるですが、裏はジャバラ状でカーブして、ガイドに沿って下に潜り込むしくみです。耐久性ないね、もうすこし材質考えてほしいね。

ここで大事件発生

IMG_1945.jpg 

オートマのスポーツモードへの切り替えボタン [S]が、奈落の底へ落ちました。
[*] のスノーモードは無事でした。
拾おうと思っても、手が届きません。指先に触っても掴めません。
スポーツモードなんか使ったことないので諦めようかと思いかけましたが

IMG_1944.jpg 

ここは冷静になり、ペットのダニを取るピンセット登場

IMG_1947.jpg 

格闘し、無事救出
ここで疲れ切りました。30分くらい頑張りましたよ

IMG_1952.jpg 

テープで落ちないように貼り付けて作業をします。

IMG_1958.jpg 

いろいろ、試行錯誤して、結局 単純にテープで止めました。
一周テープを回すと、曲がりが硬くなってガイドに沿って下に回り込まなくなります。
これは、とりあえずの応急処置ですね。根本的にどうしよう?
プジョーに行ったら、アッセンブリー丸ごと交換で言われそうで怖いです。

IMG_1959.jpg 

スパスパ、ギアチェンジできるようになりました。でも、カッコ悪
だいぶ時間をかけてしまいました。

さあ、次は どこが壊れるかな?
(別に修理が趣味ではないです、しょうがないのです)
プロフィール

キック1000回

Author:キック1000回
どこか、遠くへ行きたい。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
XLX所有者リンク
検索フォーム