スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミライ

ミライの特許

仕事関連で、聞いた話。ハイブリッドカーは、ちょっと失敗したかも

日本ではよく見ますが、ワールドワイドではシュア2%程度。あんまり売れない車です。
T社とH社では、システムが異なります。それぞれの会社で独自です。特許で権利化し、まねされないようにしています。それが障壁となり。共通化できません。

con09_img01.jpg

T社のポリシーに「競争と協調」というのがあります。
ということでいきなり、T社 燃料電池車の特許無償提供 約5680件 2020年までの期限付きが大部分ですが、水素供給・製造など水素ステーション関連 約70件は無期限です。
ハイブリッドカーの失敗を繰り返さないように、共通化を狙っているのでしょう。
T社でも1社だけでは、水素社会は広げられないのです。

ちなみに水素と酸素の化学反応で発電し、水ができますが 寒冷地で水が氷ったら発電できなくなります。
その他、実用化にはいろいろ大変だったようです。

話を聞くところによると、結構 システム的に究極っぽいです。安く安全にできれば ハイブリッド、電気自動車はもう要らないかも? と思ってしまうくらいですが、果たしてどうなるでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キック1000回

Author:キック1000回
どこか、遠くへ行きたい。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
XLX所有者リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。