スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁サスペンション

うわさ あり

ここのページで、新しい?技術を検索することがあります。

今回は電磁サスペンション

denjisus2.png

”電磁サスペンション”というキーワードで検索すると、公開特許は 125件 ヒットします。登録特許は30件
古いものは 1999年に出願したものもあります。各社 ずいぶん前から研究開発しているようです
最新は2013年です。出願したばかりは非公開なので、まだ開発している企業があるかもしれません。
(日本だけ確認、海外はもっとあるかも)

denjisus.png

このサスペンション、今だ実用化はされていないようですので、まだ実用には課題があるのではないでしょうか?
課題を解決すると、他社にまねされないように特許を出しますので、特許が出るということは、まだ頑張って実用化を目指しているということが大体わかります。

リニアモーターでサスペンションを上下させ、車体を極力水平に保たせるようにコントロールします。
サスが縮む時には発電し、伸びる時に電気を使うようです。

シトロエンのハイドロサスは、現行のC5で終了です。もうハイドロは古い技術で、現在 新しいサスペンションを開発中とのアナウンスがありますが、噂ではこのリニアモーターをつかったサスペンションらしい

変な車を作るのを得意とするシトロエンなら、採用するかも?

ちなみに、ドラム式の洗濯機に電磁サスペンションを使用して、ドラムの回転を安定化させる製品があります。
こちらは、磁力を与えると粘性が高まって硬くなる「MR(Magneto Rheological)流体」という物質を使用しているとのこと

果たして、このサスペンション、車で採用されるでしょうか?
各社、試作だけは終わっている模様です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっと違うけどサスペンションのダンパーオイルに磁気特性を持たせて、オイルの粘度をリアルタイムでコントロールするダンパーはもう搭載されてましたね。

MHRさんへ

そうですね、サスを硬くしたり、やわらくしたりするのは、実用化されています。
それに加えて、伸ばしたり、縮めたりするのがコストが高くなるし、電力をより使うのでなかなか実用化しずらいようですね

ここのDr.ボーズさんの考えた電磁サスはエアコンの1/3の電力で動作すると書かれています。
http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/automotive/technology/suspension_system/system.jsp

サスペンションの機構が単純化して、駆動用の大型バッテリーが積みやすくなるようです。

プロフィール

キック1000回

Author:キック1000回
どこか、遠くへ行きたい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
XLX所有者リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。