スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔 ゲルマニュウムラジオに感動

中学生ごろ、ラジオにショックを受けました

無題 ゲルマニュウムラジオ

こんな簡単な回路でラジオが聞けるなんでショックです。
そんなショックが、約10年前にもありました。

sdr.png ソフトウエアラジオです

無線のフロントエンド以外は全て、ソフトウエアで処理します。上の構成は究極で、現実的にはA/Dコンバーターの能力に合わせた周波数へ変換しますが、シンプルでありまます。

スマフォは3G/LTEや無線LAN、ワンセグ、FM、Bluetooth 様々な無線が入っていますがそれぞれ専用回路では、コストも、電力も、大きさも全部 無理です。全てソフトウエアラジオで構成されています。

IMG_1030.jpg 今 使ってるラジオ

中華ラジオ PLLシンセサイザー方式、複雑回路の極み。なんかノイズが多いです。

ということで、シンプルなソフトラジオを試します。ネットを検索し 巷で売られている、1000円位の中華USB ワンセグがソフトウエアラジオとして手に入りやすいので、これに何らかの方法で、中波、短波の電波を受けられるようにすればOKです。

1つは、アップコンバーター 0-40MHzの電波を+100MHzして、本来のチューナーに入れる方法
もう1つは、チューナーパスする方法

シンプルな後者を選びます。
フリーな受信ソフトがいろいろあるので、AMラジオから気象衛星までのオールバンド受信機 できるかな?

コメントの投稿

非公開コメント

期待してます

でも、アンテナは、AMから気象衛星(X-band?)まで1つではカバーできないように思うのですが。

ゲルマニウムラジオは学研の科学の付録で作ったような気がします。
古い話・・・・・・

アンテナ

そうなんです。アンテナが悩みのたねです。
この手の簡単ラジオはアンテナが重要ですもんね。

今日、本やで偶然 CQハムラジオという雑誌を見たら、MLA(電磁ループアンテナ)というものがはやっている模様です。
受信用の汎用アンテナとして、HF用とV/UHF用アンテナの2種類ほど作って試そうと思います。すごく簡単に作れるようです。アンテナ抜き差して、ソフトでバンド切り替えです。
プロフィール

キック1000回

Author:キック1000回
どこか、遠くへ行きたい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
XLX所有者リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。